中古品は、他人が一度使ったものですが、新製品が次から次へと販売される世の中ですので、わずか1年程で新しく買い換える人も少なくありません。

そんな状況から、中古品とはいっても新しくてキレイなものが多く、比較的に新しいものが店頭に数多く並んでいます。

出来るだけ安く、ほしいものを手に入れたい方は、中古品の購入を真剣に検討されるのが良いかと思います。


2009年06月03日

中古ケータイ最新事情、危険な「赤ロム」とは?

 キャリアの販売報奨金制度の廃止から、新品の端末価格が平均5万円前後にまで高額化してしまった。

新しめの端末を割安に入手できる選択肢として、中古ケータイは一般的なジャンルへ変わりつつある。

今後、注目すべき存在になるのは間違いない。

近ごろの携帯電話は「SIM(シム)カード」と呼ばれるICチップ付きカードに契約者の情報を記録し、このカードを差し込めば利用できる。

SIMカードを外した状態の端末は「白ロム」と呼ばれ、通話などができなくなる。

NTTドコモとソフトバンクモバイルの2社については、白ロムを入手して個人のSIMカードを装着するだけで、実質的な機種交換が可能だ。

この仕組みに着目して、携帯電話の白ロム端末だけを買い取って中古品として販売する業者が現れた。

中古ケ−タイ.bmp


これまでは、一部のケータイショップやリサイクルショップが中心だったが、秋葉原でも一部の中古パソコンショップが販売に乗り出した。

ただし、KDDI(au)については少しだけ注意が必要。

NTTドコモやソフトバンクモバイルと同じSIMカード方式を採用しながらも、携帯電話端末は原則として契約時に購入したユーザーしか利用できない仕組みになっている。

これは「SIMロック」と呼ばれている。

中古ケータイショップで入手した端末を利用するには、KDDIの直営ショップに端末を持ち込み、SIMロックの解除申請をしなければならない。

手数料自体は2100円とそれほど高くないが、万が一のトラブルを恐れて端末の販売を見合わせる中古ケータイショップもある。

このように手間がかかることもあり、端末の価格は他キャリアよりも安めの傾向がある。

auモデルは各社の最新モデルの中では割安さが目立つ。

安価に最新モデルに乗り換えたい人にはおすすめといえよう。


突然端末が使えなくなる! 地雷のような「赤ロム」には要注意
 

あまり聞き慣れない「赤ロム」の問題についても触れておかねばならない。

赤ロムとは、割賦販売の支払い途中に買い取りに出された端末だ。

前ユーザーの支払いが滞りキャリア側から使用停止にされた状態だ。

赤ロム化した端末は液晶ディスプレイ内のアンテナ表示が赤色に変わり、通話などのサービスが利用できなくなる。
アンテナ.jpgこうした端末を購入すると、SIMカードを差し替えても利用できないことがある。

例えば、中古ケータイショップが買い取る時には問題なくても、それ以降に支払うことになっている料金を支払わないケース。

キャリアは端末自体をロックできるので、店頭に並んでから利用できない状態になることもある。

中古ケータイショップ側も赤ロム問題を把握している。中古ケータイに1カ月間の保証期間を設ける以外に、赤ロムについては理由や期間の制限を設けず返品に応じる方針だという。

特定の販売店では安心できるサポートを受けられるが、他店でも同じような保証があるとは限らない。

特に、ネットオークションで入手した場合はトラブルの原因になりかねない。

中古ケータイを購入する際、もっとも注意しておきたい点といえよう。
posted by manri at 22:01| 中古ケータイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。